▲ ページの先頭へ

製品

焼却炉製品ラインナップ

PZCモデル

※写真はPZC-250です。

(届出必要) 発熱量の高いゴミの処理に最適
特徴
  1. 1日分のゴミを1度に焼却できるガス化燃焼方式一括投入の省力タイプ
  2. 供給空気量の制御と、二次燃焼室に装備した再燃バーナーにより、燃焼ガスを800℃以上に保持し安定燃焼します。
  3. 燃焼ガスの滞留時間2秒を確保することで完全燃焼を達成します。
  4. 記録計と温度センサーの装備で連続的に燃焼温度の測定及び記録を取ることができます。

※横へスライドしてください。

型式 焼却能力※1 火床面積 総容積
Kg/h m2 m3
 PZC-150  22  1.28  1.59
PZC-250 33 1.80 2.38
PZC-500 66 2.85 4.76
PZC-1000 137 4.64 9.64
  • 1:焼却能力は、一般雑芥の発熱量16.7MJ(4,000kcal)/kgをもとに算出しています。
 
■ 測定結果 ■
測定項目 実測値 規制値
ダイオキシン類毒性等価濃度 0.23ng-TEQ / Nm3 5ng-TEQ / Nm3以下(新設炉)
O2連続(平均) 5.5% ───
CO連続(平均) 5ppm 100ppm以下
二次燃焼室温度 860℃ 800℃以上
ばいじん濃度 0.054g/Nm3 0.25g/Nm3以下
─── ─── ───
熱しゃく減量 5%以下 10%以下
 

DAITO株式会社